けんG号クラッチ補修


岡山市の南東部の秘密のガレージでけんG号のクラッチ修理。


オイルを継ぎ足しながら辛うじて作業場まで到着

 
師匠は仕事中みたいだったですが抜け出して修理してくれました。(写真左)


秘密のガレージ
魅力的な車がゴロゴロしてます。

 
ガレージに入れ、テキパキと部品を外していく師匠と見守るけんG氏


着付教室リカ

 
極太エクイップ(写真左)と進化中のFCカブリオレ(写真右)



 
マスターシリンダーのパッキンみたいなものを交換して修理完了!


けんG氏はビックタービンを手に入れた模様。
7Mの方に装着予定。


クラッチ修理が終わり、師匠の仕事風景を見学に。。


昭和45年式のサニー

 
師匠の担当はボデーとエンジンのレストアらしいです。

 
ボデーの切ったり貼ったりは既に終了しているらしく
この日は塗装の為のマスキング作業。


師匠のクレスタは非常に美しく速いらしい。
同じステージにいる限り、いつかはやらねばなるまい( ´д`)トオイメ


けんGさんも大きなタービンくっつけたら相手してあげますよ〜( ゚∀゚)ノィョ―ゥ


↓追加画像↓
(2/7追加)

師匠の担当しているサニーが納車目前らしいので見に行ってきました。
(画像は携帯画像の為、綺麗ではないですが実車は非常に美しいです)


ボディを仕上げの磨きをして完成らしいです。
ホイールは新品のSSR13インチ。ディープダンジョンですなぁ(*´ェ`*)ポッ 




師匠は田んぼに沈んでいた軽トラをもらってきて復活させてました!
すげぇ(;^_^A